ナース人材バンク

ナース人材バンク登録への成功のポイントと履歴書の書き方

更新日:

ナース人材バンク登録への成功のポイントと履歴書の書き方

↓↓↓ナース人材バンクの登録はこちらから↓↓↓
ナース人材バンク

産休などで現場を離れてしまった人が、再び医療現場で働く際に、医療スタッフの求人斡旋を行うナース人材バンクというのが全国の主な市町村にはあります。現場を離れてしまった旧医療従事者が、医療現場への復帰を目的として、自分を登録しておくと、人を必要としている医療機関からオファーが入る仕組みになっています。

そのナース人材バンクの利用にあたって、成功のポイントはあるのでしょうか。ここでは医療現場に復帰するための成功のポイントをまとめてみましょう。

ナース人材バンク登録ポイントとは?その1

ナース人材バンクへの登録は、一般のハローワークとは異なり、専門のスタッフエージェントがいますので、まずは電話か窓口において、自分の情報を登録しておく必要があります。ここで登録するときのポイントがあります。

それは、自分がいままでどんな経験をしてきたか、いままでの経験を活かして、これからの医療機関でどんな役割を担いたいか、医療現場に従事し、将来どういった医療スタッフになりたいか、どんなスキルを身に付けたいかなどを具体的に考え、文章にしておくことで、早い段階で医療現場に戻れる可能性は高くなります。

医療現場において、人の命と隣り合わせの現場ですので、いままでその人がどこでどんな経験を積んできたかは大きな要素となります。手術スキルはあるのか、救命知識はあるのか、判断経験はあるのかなど、医療現場にとっては即戦力が必要とされていますので、医療勘があるというのはおおきな強みとなります。

ナース人材バンク登録ポイントとは?その2

また、復帰してからの業務との付き合い方も大切です。

たとえば、産休で抜けた医療スタッフの場合、子供の為に夜勤が難しい場合もあるかもしれません。家族の助けもあり、夜勤が可能な場合は、その旨を伝えておくと誤解もなく現場と家庭との両立を図ることができ、仕事もプライベートもうまくいくでしょう。

医療機関によっては、夜間幼稚園や託児所を設けているところもありますので、どんな人でも現場復帰するのはそうハードルの高い問題ではないでしょう。そのような施設の無いところでは、どのような働き方ができるのかよく前もって相談しておくことで、後々のトラブルを避けることができるでしょう。

また、将来的なビジョンを描いておくことも必要です。

現場でスタッフとして携わる以上、経験を積んでスキルアップし成長していくことはどこのどんなお仕事においても重要と言えます。後輩が年々入ってくる中で、いつまでも同じポジションというのはあまり好ましくないでしょうし、仕事に張り合いも失いますから、自分が将来どうなりたいのかも考えておきましょう。

ナース人材バンク登録のポイント<履歴書の書き方を工夫しよう>

さて、ナース人材バンクに実際に登録をするとして、履歴書の書き方にも少しの工夫が必要です。

主な履歴書の書き方はほかの職種と同じですが、いままでどんな医療現場に携わり、どんな経験をし、それをどう活かして現場で努めてくのか、これから先どんな自分になりたいのか伝わる内容を書くと、成功率も高くなります。

ナース人材バンクは即戦力を必要とする医療機関からの求人に応えるため、多くの求職者の情報を扱っています。その中で求められる医療機関に自分が推薦してもらうため、ピンポイントとなる情報を載せておくなら、早い段階で職場に復帰することができます。

一般的なハローワークとは違い、ナース人材バンクは医療現場の必要にいち早くこたえるために設置されています。
ハローワークでは、医療現場と並行して様々な職種の求人情報を扱っていますので、ナース人材バンクはその点医療分野に特化した求人機関として機能していますので、医療現場で働きたいと思っているなら登録しておいて間違えはないでしょう。しかし考えることはみんな同じなので、履歴書の書き方も工夫が必要です。

わかりやすくポイント・内容が伝わりやすい文章で書こう

エージェントが医療機関からのオファーに自分が推薦されやすい内容を書くようにしましょう。長々と書くよりもポイントを抑えて書いた方が内容が分かりやすく、話がコンパクトにまとまりやすいものです。

いままでの経験を具体的に書こう

いままでどんな経験をしたかは具体的に書いておくようにしましょう。履歴書の書式によっては希望欄もあるものもありますが、あまり図々しい無いようにならないように注意しましょう。

不安なことはナース人材バンクに登録する際にエージェントや担当者に伝えるようにし、面接までの流れがスムーズになるようにしましょう。

面接の準備に向けて

履歴書を書き終えたら面接の準備をします。

自分が新しい職場でどんな形で従事したいのかまとまっていない場合には書き出してみると良いでしょう。書き出した内容をもとに文章を作っておくと、面接の際に聞かれても安心です。

将来のビジョンについても同じように自分がこれから先どんなナースになりたいのかを考えておきましょう。

医療現場としてもスキルと経験のあるナースを必要としていますが、どんな目標や夢を持っているのかはその人の働き方に影響しますし、最悪の場合、医療現場と従事する人のミスマッチを防ぐこともできます。身に付けたいスキルがあっても、そこの医療機関ではスキルを身に付けることができず、止めるにやめられないという状況を防ぐことができます。

↓↓↓ナース人材バンクの登録はこちらから↓↓↓
ナース人材バンク

-ナース人材バンク

Copyright© ナース人材バンク口コミ徹底分析 , 2018 All Rights Reserved.