ナース人材バンクの口コミ分析(医療従事者の人材不足)

人生において、「天職」だと感じられる環境で働くことができている人はそう多くありません。もちろん、「思い込み」によってその時の環境がベストであるかのように錯覚することは可能ですが、その状況が必ずしも最善手であるかというと、必ずしもそうであるとは限りません。ただ、そうすることによって日々の仕事で感じるストレスを軽減することができたり、より良い環境へ向かってステップアップをするモチベーションにつながったりします。

現在、医療従事者の人材不足は非常に深刻な状況であって、多くの医療機関が喉から手が出るほど人材を欲しています。少子高齢化が進む日本社会において、今後ますます医療従事者の数が必要になってくることは明白な状況である以上、現段階から多くの人材、価値のある人材を確保しておきたいというのが医療機関を運営している人の考えです。

大学病院などのように、多くの医療従事者が勤務を希望している環境に限って言えば、人材不足にならない可能性が非常に高いです。どれほどの需要(医療を必要としている人)を抱えたとしても十分に対応できるだけのキャパシティを持ち続けられる可能性は非常に高いため、ある意味では「天職」と感じられる環境が整っていると言っても良いでしょう。しかし、地方や個人経営の医療機関の場合は状況がまったく違っています。

基本的には、どこの地域に住んでいても働き口に困ることがないと言われている医療従事者ですが、それはあくまでも環境を問わなかった場合です。つまり、「ブラック企業」と呼ばれるような環境で働くことも辞さない状態であれば働き口に困らずに済むという意味であり、必ずしもホワイト企業で働けるとは限りません。特に、「転職」に対して寛容性が乏しい日本文化の中なので、より一層慎重に行動することが必要です。

ナース人材バンクおすすめの理由

そこで有効な方法となり得るものが「ナース人材バンク」です。ナース人材バンクは、いわゆる転職サイトですが、多くの利用者がいます。就活中の学生、一度は退職した人などさまざまな利用者がいるので、その中から口コミを参考にして比較検討を行うと良いでしょう。

「ナース人材バンク」の特徴は、いわゆる「非公開求人」に該当するような比較的条件の良い求人が多く掲載されている点です。ナース人材バンクに限ったことではありませんが、ネット求人を紹介しているサービスの多くは「独自に開拓した求人先」を目玉として扱っています。

今や、ハローワークなどを利用して就職先を探している人の数に引けを取らないほどネット求人を利用している状況で、就活中の人はもちろんのこと、一度リタイア(退職)した人もきっかけを見つけるために利用していることもあります。いかに求人自体は多くある状態だと言っても、せっかく働くのであれば少しでも良い環境(職場)で働きたいというのが大きなニーズであるため、より良い環境を見つけられる方法は高く評価されます。

ナース人材バンクの口コミ分析!本当に信頼できるの?

とは言え、「ナース人材バンク」が取り立てて良いサービスであるかというと、けっしてそうだとは言えません。たしかに、「ナース人材バンク」が行っているサービス自体は、口コミなどを見てみても非常に高く評価されています。「理想的な職場に出会うことができた」「高いハードルをクリアすることができた」などポジティブな意見が非常に多くあります。それだけを見れば、ほかを蔑ろにしても利用する価値があるサービスだと言えるでしょう。

しかし、すべての利用者が納得し、満足しているわけではありません。非常に多くの利用者がいるサービスであるということは、その中には満足することができずに利用を止めてしまった人も少なからずいます。また、転職自体は成功させることができたとしても新しい職場が満足できる環境ではなく、またすぐに転職活動をすることになってしまうような状況もあり得ます。

起こり得るさまざまなリスクを考慮し、それに対する対策を講じながら行って初めて成功の道が拓けるのが「転職」です。ただ単に職を変えるだけならば何の問題も難しさもありませんが、それでは運任せでまったく価値のない転職で終わってしまう可能性が高いです。「より良い環境」「理想的な環境」など、自身が働くうえで感じている不満や欲求を満たすことができる環境に転職できてこそ、本当の意味で「転職に成功した」といえます。

「ナース人材バンク」を利用して転職に成功したと感じている人は、自身がどのような方法で転職活動を行ったのかを惜しげもなく紹介している場合があります。また、失敗したと感じている人の中にも同様の情報を紹介している人がいる場合もあるので、それらをすべて参考にしてこそ意味があります。たとえば、成功者の情報のみを参考にしてポジティブシンキングを行うことも必要ですが、それではリスクヘッジができません。

100%の人が成功しているわけではないということは、成功している人には成功しているなりの、失敗している人には失敗している人なりの理由(原因)があります。何の理由もなく成功、失敗が分かれるということはあり得ないので、その要因が何かを知るためにも情報を集めることには意味があります。

ナース人材バンクの口コミについて

「ナース人材バンク」の口コミには、良いものも悪いものもあります。特に重視するべきは悪い口コミのほうですが、まずは良い口コミをいくつか紹介します。

「ナース人材バンク」を利用して「良かった」と感じている人の多くは、「担当者の対応が良かった」「希望通りの求人が見つかった」という大まかに二つの要因で良かったと感じている傾向があります。たとえば、担当の人間性が良かったと感じている人がいたり、担当が非常に親身に転職活動に協力してくれたことが満足できている要因になっていることも少なくありません。ただ、これはまったく逆の結果を引き起こす要因にもなり得ます。

たとえば、「対応が良かった」「親しみがあった」という印象を受けた人は、「当たりの担当者」だったと言えます。当然、「ナース人材バンク」側も利用者に対して最大限のサービスを提供し、満足を感じてもらいたい為に社員(スタッフ)教育を徹底的に行います。そのため、基本的にはそれほど大きな違いはないはずですが、それでもなお人間性の部分で満足度が変わってしまうのは致し方ありません。

しかし、利用者全員がそういった良い社員(スタッフ)に当たるとは限りません。現に、利用した見たところ非常に印象の悪いスタッフに当たってしまい、「変更して欲しい」という要望を運営に直接投げかけたことがあります。ただ、印象の良し悪しはあるにしても、それが転職をサポートする能力に比例するわけではありません。非常に印象が悪いがサポートスキルは非常に高い人も中にはいます。

ナース人材バンクの口コミ分析まとめ

問題は、印象も悪くサポートも適切に行うことができない社員(スタッフ)に当たってしまうことなので、その場合は積極的に別の担当にしてもらうように要望すると良いでしょう。ただ、最初の印象だけで決めてしまうとチャンスを逃すことにもなりかねないので、どれほど印象が悪い社員(スタッフ)だと感じた場合であっても、数件は求人を紹介、並びにサポートを受けた方が賢明です。

また、自分自身も転職を成功させるために努力をすることが必要です。「ナース人材バンク」ならば、担当に履歴書や職務経歴書などの添削をお願いすることもできます。また、面接でのスピーチ内容を相談することもできますが、それは必ずしも本人のためになるとは限りません。人としての価値を高める意味でアドバイスをもらう分には良いのですが、「適切な利用」を心掛けることがいろいろな意味でのポイントです。

Copyright© ナース人材バンク口コミ徹底分析 , 2017 All Rights Reserved.